本文へスキップ

主に知多半島(東海市・大府市・知多市・半田市・常滑市・東浦町・阿久比町・武豊町・美浜町・南知多町)を中心にご往診でペットの診察を行います。


TEL.090-2937-6161

代替療法・補完療法

代替療法とは

人で言う、健康保険の適応となる一般の病院で受ける治療を医療を”通常医療”と表現するならば、それ以外の治療法を代替医療と表現します。

現代医療は日進月歩以上の勢いで進んでおり、人の医療では科学技術を駆使した高度な医療機器を使った、高度先進医療と呼ばれるものが登場してきています。

一般的に、代替療法とは、東洋医学(鍼灸・漢方)や、アールユヴェーダのインド医学などの伝統医学と言われるものや、アロマ、マッサージ、健康食品やサプリメントなどの民間療法と呼ばれるものがあります。

最近では、オゾン療法、点滴療法、栄養療法など、新しい分野での代替療法も行われています。

通常医療が”エビデンス(根拠)に基づく医療”・・・実験や研究により科学的なデータと蓄積し、治療において確率的な情報が提示できる医療なのに対して、伝統医療は経験医学であり、長い年月をかけて蓄積されてきた先人の経験から治療方法が確立されてきた医学と言えると思います。

私は、通常医療と代替療法にはそれぞれ一長一短があると考えています。

通常医療は救急の病気や緊急の疾患の治療をして体調を改善させることや、さまざまな検査によって、体に起こっている不調の原因を検査によって視覚化することに優れているように思います。

現代医療の多くの治療方法は”対症療法”と呼ばれるものであり、熱があれば下げる、痛みがあれば抑える、細菌感染が起これば抗生物質で細菌をたたく、腫れものができれば切除する、といった起こった症状を科学の力で叩く、抑えるといった療法がベースとなります。
また、それぞれの不調の個所ごとに”病名”があり、その”病名”に則した治療を行うことになります。

なので、救急疾患や緊急の場合は、劇的な効果を発揮することが多いのですが、慢性疾患、老齢性疾患、腫瘍性疾患などにおいては思うように改善されないことも多く、苦労する場合がしばしば見られます。

代替医療の多くは、体全体をみる医学であり、例えば鍼灸などでは腰痛であっても腰以外の部分にも鍼を打ちますし、関節炎のためのサプリメントを飲んでいると、体が楽になって疲れにくくなったり、皮膚や被毛に艶が出たりだとか、全身がプラスになる作用が起こったりします。
また、現代医療にプラスして代替療法を併用することによって、相乗効果が出ることもあります。

当院では、訪問医療でできる範囲の代替医療を備え、ご自宅で、その子にあった治療方法を選択できるように準備をしています。


※※当院でできる代替療法※※

オゾン療法
鍼灸治療
プラセンタ療法
・各種サプリメント
・動物用漢方薬
・ホモトキシコロジー




るい動物病院往診専門 るい動物病院

〒479-0004
愛知県常滑市青海町3-5-3
TEL 090-2937-6161
(往診専門のため、上記住所に施設はありません)


※往診中は電話に出られない場合があります。留守番電話にコメントを残してください。こちらから折り返しご連絡いたします。