ブログ

学会発表

年末は12月30日~1月3日までは休診となります。

 

なかなかブログを更新する時間が取れずで、少し前の話題になりますが、12月2.3日に、東京で比較統合医療学会という学会が開催されました。

比較統合医療学会というと、よくわからない学会名かもしれませんが、、鍼灸・漢方・サプリメントやそのほか様々な『補完医療』とか『代替医療』と呼ばれる領域の学会です。

実は私は今回、この学会で発表してきました。

内容は、”手作り食”です。

こんな食事がいいよ、という話ではなく、ドライフードから手作り食に切り替えた、とある患者さんの血液データや体調の変化など、10分ほどでまとめて話しました。

以前も書きましたが、私は大勢の前で発表するのがホントに嫌なのですが、発表するからには恥ずかしい発表にならないよう一生懸命資料を作り、頑張って10分話してきました。

 

知り合いの先生方には『緊張してたね~~~』と口々に言われるほど、テンパっていたと思うのですが、『先生の熱意はよく伝わってきたよ』とも言っていただいて、一安心できました。

 

発表の具体的な内容はさておき、発表の資料を作る中で皆さんにお伝えしたいこと、、というか、問題提起したいことがあって今回のブログを書いています。

 

犬は、もともとオオカミが祖先であるため肉食だったのですが、人間のそばで共同生活を送るようになり、雑食の性質を持ったということは、一般的に認知されています。

なので、雑食ではあるけれど、”肉食寄りの雑食”の生き物、と捉えることができます。

 

犬や猫のフードは、アメリカのAAFCOという基準に基づき日本でも基準を作り、その栄養基準を満たしているものを総合栄養食と呼び、それを食べていれば犬や猫の健康は維持できるという考え方の上になり立っています。

なので、フードのパッケージには保証分析値というものが記載されています。

”水分”というものがあるので、本当は少々計算の仕方が変わるのですが、ひとまずこの数値を足し算すると、17+13+4+7+10=51%

さて、残りの49%は何でしょう?

正解は炭水化物です。

炭水化物は表記の義務がないらしく、一般的に”粗繊維(食物繊維)”は表記されていても、炭水化物は書かれていません。

 

今回、私は、肉食中心の手作り食を指導し、米や小麦などの明らかな炭水化物は一切使わず、肉:野菜=70%:30%の重量比になるように食事指導しました。

(ほかにも手作り食にはコツはいろいろあるのですが、ここでは省きます)

その子がいままで食べていたドライフードと、完全に手作り食にしたときの栄養組成の違いです。

手作り食は、文部科学省のHPにある食品成分データベースを参考にして、

実際の一日分の食事の中の栄養組成を計算しました。

 

パワポのスライドの添付の仕方が分からず、PCの画面を写メっているので見にくいですが、円グラフの黄緑がタンパク質、青緑が脂質、青が灰分、紫が炭水化物です。

グラフ化するとすごくよくわかるのですが、ドライフード(このフードの場合)は食物繊維を合わせると60%以上が炭水化物です。

ほぼ肉、ちょっと野菜の手作り食生活でもタンパク質は50%。

 

タンパク質は、体の構成成分であり、筋肉、骨、血、皮膚、毛、さまざまな消化酵素、ホルモンすべて、その原材料はタンパク質がもとに作られます。

炭水化物はエネルギー源です。残念ながら炭水化物はエネルギー以外の用途にはならない、体内でタンパク質に変換されません、、、つまり、いくら食べでも血肉の材料にはなりません。

過剰な炭水化物は体内でストックするため、皮下脂肪となります。なので我々の皮下脂肪の原因は油ではなく糖質(炭水化物)なのです。

ビタミン・ミネラルなどの栄養をしっかり取らなきゃと、野菜やサプリメントを足し算する方は多いかと思いますが、

体を作る上では、タンパク質があって初めてビタミンやミネラルが働くことができます。

ビタミン・ミネラルだけで体は作れません。

 

皆さん、これをどう思いますか?

人の食事で、タンパク質2割、炭水化物6割のメニューってどんな感じか想像してみてください。

 

このドッグフードもいわゆる巷にあるプレミアムフードの種類で、決して安い粗悪なフードではありません。

当然、総合栄養食の基準を満たしています。

ドライフードに関しては、いろいろなメーカーをチェックしてみましたが、タンパク質が30%を超えるフードはとても少ないです。

おそらく、サクサク砕ける形でドラフード化しようと思うと、これが限界なのかな、と思います。

 

人の食事も、糖質制限から、玄米採食、食養生、マクロビオティックなど、様々な考え方があるように、

犬猫の食事についての考え方は本当に様々ですので、私が考えていることが正解かどうかはわかりませんが、

犬の祖先が肉食の生き物であるならば、ドライフードだけの食事では、絶対的にタンパク質が不足しているように思えてならないです。

 

猫を飼っている方も、普段のフードのパッケージを見ていただくと、さほど組成は変わりませんので、結構衝撃的だと思います。

猫は間違いなく本来は”肉食”の生き物・・・ですよね。

 

ちなみに、上記の理屈は人も同様です。人の体の構成成分はタンパク質です。

朝食:パンとコーヒーと果物

昼食:パスタとサラダ

おやつ:シュークリーム

夕食:カレーライスとサラダ

さて、タンパク質の割合はいかほどでしょう??

これで本当の意味での”健康な体”が作れるのかな、って思います。

 

ペットだけでなく、ご自身の食について再考するきっかけになっていただければ幸いです。

食と栄養の話は書きだすと止まらなくなるので、今後も少しずつ自分の考えをお伝えしていければと思います。

 

 

セミナー発表してきました

更新が遅くて申し訳ないのですが、10月1日(日)に獣医オゾン療法セミナーで30分、発表してきました。

先日のブログでお伝えした通り、タイトルは『往診診療におけるオゾン療法の活用』です。

持ち時間は30分だったのですが、せっかくなら沢山症例を報告しようと詰め込んでしまったことと緊張していたこともあり、早口になるわ、時間はオーバーするわで、てんやわんやでした・・。

他の先生方からは、オゾン療法の概論や生化学的な理論などの説明や、症例についての報告があり、自分にとっては基本を見直す意味でもとても有意義なセミナーでした。

 

その中で、岐阜大学の助教の川部先生より、『緩和ケアにおけるオゾン療法』というタイトルで報告がありました。

その中のスライドの1枚に、『緩和ケアの定義(WHO 2002年)』というものがありました。

 

これは人の医療の定義です。

『緩和ケアとは

生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して

痛みやその他の身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと対処を行うことによって

苦しみを予防し、和らげることで、QOLを改善するアプローチである』

 

ちょっとカタい文面ですが、獣医療に置き換えた場合、

緩和ケアというのは、病気に直面したペットだけでなく、その”飼い主”に対しても、その苦痛・苦悩を和らげてあげるアプローチなのだと考えると、実は獣医療においてはとても重要な分野ではないかと思いました。

例えばガン患者さんにおいて、進行して治療不能になってしまった場合に最後の手段として苦痛を取り除くことが緩和ケアととらわれがちですが、ガンが発覚し、なんらかの治療が始まった段階から合わせて行うのが本来の緩和ケアなのです。

特に言葉が話せないペットにおいては、治療に対しする選択権は飼い主に委ねられるため、飼い主さんはさまざまな治療法について意思決定するにあたって、いろんな苦悩を抱えながら生活される場合がしばしばあります。そういった苦痛や苦悩を一緒に共有したり、和らげてあげることも獣医師として必要な役割なのではないかと改めて思いました。

川部先生の今後のご活躍に期待です。

 

セミナー後は懇親会があり、いろんな先生とお話する機会に恵まれ、充実した1日となりました。

でも、もう発表はいいです~~(といいつつ、また別の分野での発表が待っていたりします、、、またそのお話は後日)。

 

 

セミナー発表の準備

私の往診では、オゾン療法を行っています。

取り入れ始めたころは、知名度はかなり低い治療法でしたが、最近はインターネットなどで調べられた飼い主様からオゾン療法をご希望ということで、往診するケースも出てきました。

私は『日本医療・環境オゾン学会』という、いささかマイナーな学会(?)の会員なのですが、その学会の獣医部会という部門で10月1日(日)に獣医師を対象としたオゾン療法のセミナーが開催され、そこで30分ほど発表することになりました。

タイトルはそのまま『往診診療におけるオゾン療法の活用』

オゾン療法セミナー資料

私の場合は往診専門のため、ある程度の検査はしますが、確定診断にいたるまでの高度医療機器もありまんせんし、あまり検査漬けにはしない方針で診察しているので、発表とはいってもデータらしいデータはあまりないですし、学術的な難しい話はできず『こんな子が元気になった♪』『あんな子が元気になった♪』という、誰が聞いても分かりやすい報告になってしまうのですが。。

最近は、なかなか資料を作る時間がとれず焦っていたのですが、なんとか間に合いそうです。

ご存知の飼い主様はご存知かと思いますが、私はこのオゾン療法をとても気に入っており、本当に様々な経験をさせてもらっているので、話し出すと止まらないくらい・・(笑)。

往診診療では、高齢のペットや、さまざまな病気の末期の状態で動物病院までの移動のストレスを回避したいということで呼ばれるケースも多く、動物病院の診察台ではなく、ご自宅というストレスのかからない環境で処置をさせていただけるため、その反応の出方が見やすいのかもしれませんね。

もっともっと、この治療法が一次診療の動物病院や、高度医療機器を備えた二次診療施設でも活用されればいいのにな、と思っています。

 

実は、オゾン療法の関係で発表するのは3回目になります。

もともと壇上で発表するような器ではないので、一見度胸が据わっているように見えて(?)毎回かなりテンパっているので、いかにして上手にカンペを作るか考えています。

 

頑張ります♪

 

HPをリニューアルしました♪

るい動物病院が開院して、6月で無事に3年を迎えることができました。

毎日さまざまなお宅にお伺いし、沢山の飼い主様やペットとのご縁ができました。

また、飼い主様や自分の友人を始め、沢山の方々に応援していただき支えられながら、無事にここまでやってくることができました。

日々感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。

 

当初は自分でホームページを作成し、当院の説明や治療内容や方針の掲載をしていましたが、時間の経過と共に治療のための器具やアイテムが増えてきており、ページが煩雑になってきたことから、この度ホームページを見やすくリニューアルいたしました。

 

このHPは、るい動物病院のロゴママークを作ってくれたT君に作成してもらい、とても見やすく分かりやすいページに仕上がりました。

当院は往診専門の動物病院ですから、様々な事情で動物病院に連れていくことが大変なお宅からの依頼が多いのですが、それと同時にさまざまな代替療法を取り入れることで、ペットにとってストレスの少なく、優しい獣医療を在宅で行うことを目指しているので、オゾン療法を始めとした代替療法のご依頼も増えてきております。

治療についての内容など、わかりやすく整理できていると思いますので新しくなったHPを是非一度ご覧ください。

 

るい動物病院HP

 

なお、HPリニューアルに伴い、今後はブログ『るいちゃん号が行く』もこちらに移動します。

以前のページはそのまま残してありますので、こちらからご覧ください。

『るいちゃん号が行く(FC2ブログ)』

 

これからも地域の皆様のペットのお役に立てるよう頑張っていきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

るいちゃん